覚悟と決意と

ずっと黙っていようと思っていたのですが
今の自分を変えるために書く事にしました


長くて楽しくない話になります



なんてことなく流れていた毎日

11月29日(土)
ここ数日ゆずのオシッコの色が濃いなと思ってました
水分を増やしてみたけど 特に変わらずなので
仕事が休みになったこの日の午前中
かかりつけに尿検査に行きました

尿検査の値はちょっと気になるもので
血液検査もすることにし、結果の出る午後をまっていました

もしかしたら肝臓とか腎臓が悪くなってきたかな
やっぱあの時保険いれとくんだったかなー

そんな事を呑気に考えていました


値がおかしいと午後また訪れたかかりつけで 再度検査をすることになり
そのまますぐに救急センターで詳細検査をすすめられました

夕方17:30救急センターにつき
ゆずを預け 車で待つこと1時間
この時も私はとくに大事には考えていませんでした
だってオシッコの色がちょっと濃かっただけで
あとはいつも通り何も変わらぬゆずだったから


1時間半程たって 結果を聞きに診察室に入った私はなかなか頭を働かせる事ができませんでした
告げられた病名は
「リンパ腫 ステージVb 、、末期」

合併症として「自己免疫介在性貧血、血小板減少症、血液凝固異常」があり
腹水も見られる と


中でも血小板の数が非常に少なく
いつ急変してもおかしくはないということ

抗がん剤が第一選択肢であるものの
ガンが末期であること、
貧血レベルがすでにかなり厳しいものであること、
このままDIC状態に突入する可能性も高いことから

抗がん剤のリスクは非常に高いと説明を受けました

痩せていて体力もないし ここまで合併症がおこっているので
初日で抗がん剤に負けてしまう可能性もかなり高いこと
抗がん剤が効いても 進行の方が早く進む可能性も高いこと
輸血しながら24時間体制の抗がん剤投与になり 順調に進んでも最低10日は入院が必要なこと

抗がん剤をしなければほどなく死亡に至ること

一週間か、、、一ヶ月か


ただし何度も念を押されました



「リンパ腫に完治はありえません 延命のみです」

うまくいけば2年程度の延命が見込める子もいます
でも必ず再発が起こります
この子の場合は色々問題が多いので伸びても数ヶ月になるかもしれない
でもその期間は楽に過ごせるはずです


今なら 食欲もあるし目や足にも力がある
抗がん剤をするなら このまますぐにでも入院して一刻も早く開始するべき



色々調べた今なら 色々聞くことも疑問をぶつけることできたけど
この時の私は診断を受け入れるだけでいっぱいいっぱい

考え悩む間にも状況は進行、悪化するんですよ と言われるも
このまま一生の別れになるかもしれない決断をこの働かない頭でできるはずもなくこの日はゆずを連れて帰りました


翌日曜、月曜に家族で悩み かかりつけの話を聞き
自然療法を行っている病院にサードオピニオンに行き
どれだけ悩んでも正解は出ませんでした

ただゆずはすごく繊細な子です
痛みや変化に弱く 臆病で 知らない人も苦手です

そんなゆずを辛い治療や副作用をさせながら 家族から離れて知らない人の中に置いていかれ、、、
そしてそこで最後を迎えさせてしまう高いリスク
それを越えても待ってるのは数ヶ月の延命 そして再発



責められるかもしれません
飼い主としては間違っているかもしれません


私達は 抗がん剤をしない という選択をしました


フルタイムで働いていた職場は即日無理をいって退職しました
色々買い込んで ガンに負けなく 食欲の落ちないように完全手作り食に切り替えました
血液具合から最低限の値しかできませんでしたが自然療法のビタミンC点滴療法もはじめました


ステロイドは いっときだけ症状良くなるが 一定期間経過するとガクっとより悪くなる
本当に最後のケアにしたほうがいいと言われ
特に薬のないままでした


家でゆずとずっと過ごしはじめて
思い込みなのか 具合は日々悪くなっていくようでした
でも下痢も嘔吐もなく食欲はしっかり(うめ効果かも)
たまにはチャイムに吠え、少しなら散歩も歩きました

私はというと バイオリズムはめちゃくちゃで
前向きに頑張ろうと思った午後には不安にかられ ほぼ一日中
スマホをいじっては色々なワードを検索しては迷いと不安を増やしていきました


1週間を越え 10日を過ぎても
グッタリする時間は増えたものの
ゆずに顕著な悪化の症状は起こりませんでした

ただ体重は増えているのに どんどんと痩せてきました
元々骨々していたけど
頭蓋骨や肩甲骨の形がわかるほどになりました
逆に腹水なのかお腹はどんどん張ってきました

どうしようもないもので
具合が悪そうならこのままゆずを失うかもしれないと不安になり
顕著な悪化が見られなければ
誤診かもしれない 私の選択が間違っていたのかもしれない
今ならまだ間に合うのかもしれないと
色々調べてはどんどん不安にかられました


そして先週フォースオピニオンでガン専門医に話を聞きにいきました

正確に判断するなら 前回の検査(すぐにでも抗がん剤をはじめるべくの時間優先の検査だった為)では不十分
ガンともガンでないとも言えません


ココでもう一度正確な検査をするよりない


ただ その数日前に点滴療法で行った最新の血液検査の結果では
確定に必要な細胞診がもう行えない
針を刺した時点で出血多量で死に至るだろう と
輸血をしながらなんとか行えるか行えないか、、、
ただ輸血も簡単な臓器移植と同じなので
相応のリスクがあります と


このまま入院して検査しますか?の問いに 覚悟のない私は

またゆずを連れて帰りました


最新の血液検査の結果では
歳を超えるのはまず無理だろう と言われて



帰ってからの数日もまた 自分の中でどうするのが正確なのか
ひたすら迷い 悩み 抗がん剤をしないとは思うものの
それでいいのか?
本当は何もかもが誤診かも と全然前を向くことができませんでした


その間もゆずはきちんと作ったご飯を完食し グッタリ寝ながらも合間合間に
甘え 割り込んでくるうめに怒り
オモチャで遊びに誘ってきました

ゆずの方がずっとずっと前を向いていた



ちょっと辛そうになってきた昨日
現在の貧血状態の確認と今後の相談に
あの驚愕の初診断が出た時以来
初でかかりつけ医に行きました

結果が出た今日
貧血具合が最後のギリギリのラインでありることを確認し ステロイドを今夜から飲みはじめることにきめました



今日はっきりわかったことがあります



ゆずに残された時間はもう少ないこと
延命できる細い最後の選択は私が自分で断ち切ったこと

ゆずはまだ 食べ、動き、甘え、遊び
重篤な症状もなく頑張っていること


ステロイドが効果を出して奇跡を起こすかもしれません
変わらないかもしれません


もう 不安を作るために検索をするのはやめます
あとはゆずと一緒に最後まで少しでも後悔を減らすよう過ごしていきたいと思います


退職後 前向きに家事や掃除をしたのもたった一日だけでした
折角専業主婦でいさせてくれた だんなにも子供達にも何もしないでスマホばっかいじってる母でした


今日夕方 1人で自転車で結果を聞きにいった帰り道 泣きながら帰りました


明日からは笑顔の私を覚えててもらえるよう
前向きに 後悔しない日々を過ごすため
ここに詳細を記します

弱気になったら どんどん叱ってください
そして どんな事をして過ごすのが後悔のない日々かわからない
ダメダメ飼い主の私にヒントを与えてください

fc2blog_20141219233253ac4.jpg
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

こんばんは。
こちらのサイトを見てジュリーちゃんを家に迎えたmakiと申します。
いつも読み逃げでした。
ゆずさんがリンパ腫と聞いて・・・。

実は現在我が家の最年長のチャオも今年下痢が収まらず検査した結果、リンパ腫の疑いありと言われまして。
その後すぐにステロイド治療を始め(ステロイドは下痢を止める効力もあったので)、腎機能も落ちて週二の点滴生活です。
食欲もあったりなかったりと日々変化して、私を一喜一憂させる毎日です。
ただ今までの進行状態から見て劇症のリンパ腫ではないのじゃないかと言われて、なるべく余命を苦しまずに過ごさせてあげたいと思っていた所です。
突然カリウム値が急激に増加して即入院になったり、ハラハラの連続ですが、なんとか下痢を繰り返しながらも1日の半分はウトウトしながらゆったり暮らしてます。
うちのチャオもゆずさんも苦しい思いをしないことを願っています。
いっぱい可愛がってあげたいです・・・。
Posted at 2014.12.20 (01:34) by maki (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.12.20 (07:46) by () | [編集]
突然のことで驚きました。

きゃーこさんの選択・・私と同じです。
先代のライムが余命半年とわかったとき、先生と1時間近く話しました。
私が出した結論は、ライムは入院させない。
家族が大好きなライムを最期まで自宅で過ごさせたい、というものでした。
通院しながら経過を見守り、そのつど先生に相談するという療養生活でしたが、
後悔はありません。

ゆずくんの大好きな家族と一緒に
大好きな我が家で過ごす時間が
少しでも長く続くことを祈っています!!!!!
Posted at 2014.12.20 (08:45) by こはな (URL) | [編集]
きゃーこさん。いつも楽しくブログ見てました。
今日もタイトルを見て、何かな~と見てみたら…

つらかったですね。ほんとに決断するまで。
私も小春の持病(胆泥症及び肝臓関係の病気)を聞いて、検索しまくりでした。
旦那に「まずはちゃんと医者の話聞け!」と最後は怒られました…
小春は相変わらず、はっきりした病名はわからず、肝臓値は高いものもあります。
でも元気です。悩んだ食事もお医者さんにまずは体力つけるために食べてもらうことと聞いてからは逆に余裕を持って考えることが出来るようになりました。

きゃーこさんの状況と私では全然違うかもしれませんが、我が子を想う気持ちは一緒だと思います。泣きたいときは泣いてください。吐き出したいことは吐き出してください。
ブログのこっち側で受け止めたいと思ってます。
私もブログを見て頂いた方々に応援してもらったから!
ゆずくんも元気だもんね!頑張ってるもんね!

長々とすみませんでした。
Posted at 2014.12.20 (10:27) by 小夏ママ (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.12.20 (11:17) by () | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.12.20 (13:20) by () | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.12.20 (13:54) by () | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.12.20 (17:02) by () | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.12.20 (19:15) by () | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.12.20 (21:00) by () | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.12.20 (23:11) by () | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.12.20 (23:28) by () | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.12.20 (23:38) by () | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.12.20 (23:58) by () | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.12.21 (18:53) by () | [編集]
いーっぱい一緒にいて、いーっぱい体をさわり、いーっぱい声をかけていきましょ。
こちらが踏ん張っている以上に、ゆずくん、踏ん張ってます。
うちの16歳のパピヨンも、抗がん剤治療はしてません。副作用や、このこの神経質で家族以外に触られるのが好きではないのでそう決めました。
毎朝、天気のいい日は太陽に、曇りの日は雲に、雨の日には雨の神様にお願いしてます。このこが、元気にしんどくなく犬生を送れますようにお見守り下さいと。
Posted at 2014.12.21 (23:44) by ははまめ (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.12.22 (22:37) by () | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.12.23 (08:06) by () | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2014.12.23 (17:49) by () | [編集]
初めてコメントします。
私も夏にうちの仔を亡くしました。
血管肉腫で、手術しましたが、私達も抗がん剤治療をしない選択をしました。
発症から4ヶ月弱、手術から2カ月弱の闘病でした。
ですから、この記事を読んで泣けました。
でも抗がん剤治療をしないで良かったと思っています。最後まで家で家族と一緒に過ごす事が出来、私の腕の中で静かに旅立ちました。
どうか充実した日々を送って下さい。
穏やかな時間が少しでも多くありますように。
Posted at 2014.12.24 (17:39) by はななえ (URL) | [編集]
こんばんは、初めてコメントします、
私も昨年、先住犬をなくしました、シュチュエーションが同じ過ぎて、うちも、チッコの色があれっと思い?セカンドオピニオンに行った所で、血液検査の結果で呼ばれ、余命がもう無い、後何日のレベルと、安楽死を進めるレベルに来ています?こんなに元気なのに?とえ?何かの間違い?、うちの子は、肝臓が悪かったみたいで、有名な県外の病院に連れて行ったり、そこで、毎日通っても病院で最後を迎えるより、飼い主さんに看取って貰った方がいいと、その病院で言われました、泣きながら帰り、その後、毎日が泣いてしまい、空ちゃんに病気なのに心配かけてしまいました、でも、ご飯も沢山食べる様になり、もって1週間が3週間近く頑張ってくれました、毎日泣く私を心配しながら虹の橋へ行ったような気がします、
毎日とにかく写真と動画を撮りました
まだ辛くて長くは見れませんが、時々会いたくて動く空を見ています(#^.^#)とにかく、いきなりは、きついですよね
私も同じです、受け入れられず、診断聞いて貧血おこして倒れてしまいました、空と見に行ったペットショップに居たワンコが今一緒にいます、沢山一緒に居てあげて下さいね(#^.^#)
Posted at 2014.12.24 (21:41) by 蘭ママ (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2015.01.05 (23:49) by () | [編集]
たくさんコメありがとうございます
匿名の方もたくさんいらっしゃるので
申し訳ありませんが まとめてのお返事にさせてください

ゆずっこへの心配、応援、私への心配
みなさん本当にありがとうございます
メールやLINEでいただいた方、ヒーリングなどを申し出て頂いた方も
本当にありがとうございました

ゆずっこが結んでくれたワン友さんというご縁に
とても感謝しております

現在は調子が上下しながらも
少しずつ進行が避けられない状況です
なかなか前向きでいるのは難しいですが
心配して頂いている皆様のためにも
同じ病で 私のように検索してる方のためにも
iPhoneからの簡易UPにはなりますが
簡単な近況を なるべく暗くならずに送って行こうと思います
最近アプリが更新されて スマホから簡単に
コメ欄の開閉ができるようになったので
時折オープンするかもしれませんが
お返事はいつも通り気長に見ていてくれると
嬉しいです

Posted at 2015.01.09 (09:12) by きゃーこ (URL) | [編集]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
FC2カウンター
プロフィール

きゃーこ

Author:きゃーこ
ペットとの日常と
趣味の手工芸の記録
ーーーーーーー
★オカメインコ★
☆ピノ(ノーマルグレー♂)
 2007.4.1生 ビビリなアニキ
☆ミル(ホワイトフェイスシナモンパールパイド♀)
 2007.10.25生 マイペースなお嬢様
 2014.1.5 虹の橋へ...
★パピヨン★ 
☆ゆず(白×黒♂)
 2008.5.21生 甘えん坊なガル男
 2015.2.7 虹の橋へ...
☆うめ(白×セーブル♀)
 2010.5.28生 可愛いダラッパピ

ランキング
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
最近の記事
コメント
ぐりむす
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索